今まで生きてきた中で見た一番美しい夕陽

人それぞれ忘れられない人、忘れられない景色、忘れられない思い出など、必ず一つはあるだろう。それは、嬉しかったこと、悲しかったこと、感激したこと、いろんな形であり、どんな形でもいい。


私にとって、去年の冬にカリフォルニア州のマリブで見た夕陽は、今まで生きてきた中で見た一番美しい夕陽であり、その時の思い出は鮮明に今も思い出せる。


一分一秒、時間が流れるとともに目の前の景色もめまぐるしく変わっていく。空一面がまっさらなキャンバスだとしたら、毎秒ごとに絵の具が足されていって、カメラのシャッターを切るたびに新しい絵画作品がモニターに映し出される。美術館の絵をただ眺めるのではない、自分自身も芸術作品の一部となっている。そんな夕焼けに全身が包まれたような感覚だった。


どの写真も、編集・加工は一切なし。ホワイトバランスを変えることもなく、ごく自然にありのままの自然の姿を切ってきただけ。

これは、まだ夕陽が落ちる前。薄いピンク色とオレンジ色が混ざったような柔らかい色彩。

だいぶ落ちかけてきた頃。紫とオレンジが混ざったような色になった。

ここは写真家が集まる有名なビーチ。

仲良く談笑しながら、一緒に夕陽の写真を見せ合いっこしながら撮った。

その後は燃えるような、情熱的な赤色になった。

水平線に落ちる時の色。

落ちた後、だんだんとあたりも暗くなってきた。濃い紫の色が美しい。

雑談をして仲良くなったカメラマンと別れを告げる。


小一時間ほどのことだったろうか・・・。自然からの最高のプレゼント、空と海を使ってのアートパフォーマンスに心から感動した。今もその思い出は、目に焼き付いて離れない。


そして、これは紛れもなく私にとって


”今まで生きてきた中で見た一番美しい夕陽” だった。

0コメント

  • 1000 / 1000

みさきのLA音楽留学日記

16歳で奨学金を給付され、アメリカに単身音楽留学。インターロッケン、リン音楽院を得て、現在南カリフォルニア大学ソーントン音楽学校にて、ダニエル・ポラック教授のもとピアノ演奏科修士課程在学中。TABIPPO/PAS-POL夏の絶景ポストカード全国LOFT、東急ハンズ、ヴィレッジ・ヴァンガードにて発売中。Getty Imagesフォトグラファー