演奏者の必勝メンタルトレーニング

大勢の人の前で演奏会を行う、また入試やコンクールのオーディションでの演奏。。。いくらか緊張するもの。少なくとも私は、子供の時よりは今は大分マシになったがやはり本番5分前くらいになると緊張から手が冷たくなったり、心拍数が上がる。

そこでそんな自分も何か改善できる方法があるなら、、、と思い、ドン・グリーン著の「演奏者の必勝メンタルトレーニング」という本を読んでみた。
いいパフォーマンスをする上で絶対に必要な七つの基礎スキル。
  • 意欲
  • 動じない心
  • 思考習慣
  • 感情マネジメント 
  • 注意力
  • 精神統一
  • 回復力
うむ。よくわかる。

私が自分に一番足りないのは感情マネジメント力かなと思った。本番前になると急に焦り出したり、ミスしないかな、、、なんて妙な心配をしてしまい、心臓がバクバクになる。

そこで、そんな私に一番ピッタリだと思った解決方法は普段の練習から、

演奏前に階段を駆け上がったり、走ったりの運動を軽く息切れになりそうなまでやってみること。とにかく心拍数を上げて、緊張した時の拍数と同じくらいに態としてみる。そして心拍数が速い中、演奏を始める。もちろん録音もする。


そうすることでいざ本番ドキドキしていても、"あ、練習の時もこのくらいの拍数だったな。じゃ大丈夫だ。"と落ち着けるらしい。

本番の環境を普段から作るようにしておく重要性。

早速実行してみよう。

0コメント

  • 1000 / 1000

みさきのLA音楽留学日記

16歳で奨学金を給付され、アメリカに単身音楽留学。インターロッケン、リン音楽院を得て、現在南カリフォルニア大学ソーントン音楽学校にて、ダニエル・ポラック教授のもとピアノ演奏科修士課程在学中。TABIPPO/PAS-POL夏の絶景ポストカード全国LOFT、東急ハンズ、ヴィレッジ・ヴァンガードにて発売中。Getty Imagesフォトグラファー