なんで16歳でアメリカへ音楽留学?

たまには留学のことについて、書こうと思います。といっても留学をはじめた時からもうすでに8年も経っている為、何から書いていけばいいのか思いつかないので、まずは・・・


なぜ私が、16歳という年齢でアメリカに音楽留学することになったのか?


よく聞かれるこの質問について、書いてみたいと思います。


まず14歳の時に、私はある夢を持ちます。(今は国連を目指してはいません)



それは、、、


国連職員になる。



という夢でした。 ちょうどその夏に、バングラデシュで一年住んでいた同い年の友達が家に遊びに来ており、カルチャーショックとでもいうのでしょうか。私は、彼女からバングラデシュでの話を聞きます。ストリートチルドレン、人身売買、、、一番衝撃的だったのが路上でお金をせがむ目のない子供たちの話。彼女によると、お金欲しさの為に親が子供の目を刳り貫いて、路上に立たせるというのです。いかにも事故があって、無くなってしまったかのように、、、。同情心を狙っての行為というわけです。他にも、友達は私と同い年だというのにバングラデシュではメイドを雇っているという生活でした(日本では一般家庭)。あまりの貧富の格差というものに驚き、この私で何かできることはないのか!こんな世界でいいのか!と14歳ながら思って考えて、たどり着いた答えが当時は国連職員になることだったのです。



国連職員を目指すには・・・?



まず自分に必要なのは、語学力だ!国連英検をまずは受験してみよう!と、安易な考えの元、英語の勉強に張り切りました。中学校でALT(Assistant Language Teacher)で来ていたアメリカ人の先生とも、いい英語の練習になると思い、必死で話しかけたり、仲良くなろうと心がけました。


そして15歳の夏。中学3年生、ちょうど高校受験に追われる時期。


地元でコンサートなるものがあり、私も出演させてもらいました。そして、その時にはずいぶんと仲良くなっていたALTの先生をコンサートに誘いました。ALTの先生は、アメリカの名門イーストマン音楽院をチェロ専攻で卒業した方。音楽なら、好きだろうし、もしよければ・・・と誘ったところ、会場に来てくださいました。そして、私の演奏終了後、先生が言った第一声は、


”来年は、やはり日本の音高に進学するのかしら?もしよかったら、アメリカで音楽を勉強することも視野に入れてみない?英語も、音楽も同時に勉強できるのよ!せっかくの才能があるんだから、もったいない!”


アメリカへ行く、なんて全く頭になかった私はびっくり。そういう道もあったのか、と気づきました。


当時私は、日本の音楽高校に進学したいと思うほど音楽に真剣に向き合っていませんでした。夢は、国連職員だったので何か専門知識を身に着けたい、国立大学に進学して研究生活を送れれば・・・なんて安易な考えを持っていました。


なので、先生からのアメリカで音楽を勉強するというアイディアは思いつかなかったことであり、それと同時にもしかしてこれが一番いい選択なのかも?!と直感でひらめいたのです。


日本の高校受験に必死で取り組んでいる時期に同時進行で全寮制芸術高校インターロッケン・アーツ・アカデミーへの受験準備を始めるのです。


つづく・・・

0コメント

  • 1000 / 1000

みさきのLA音楽留学日記

16歳で奨学金を給付され、アメリカに単身音楽留学。インターロッケン、リン音楽院を得て、現在南カリフォルニア大学ソーントン音楽学校にて、ダニエル・ポラック教授のもとピアノ演奏科修士課程在学中。TABIPPO/PAS-POL夏の絶景ポストカード全国LOFT、東急ハンズ、ヴィレッジ・ヴァンガードにて発売中。Getty Imagesフォトグラファー