先生からの留学提案は勘違い?

昨日の記事のつづきです。

次の日、学校に登校したら先生は私にInterlochen Arts Academyというアメリカにある芸術高校のサマーキャンプ応募要項を私に差し出してくれました。先生も、いきなり私がアメリカに長期留学させる、ということは考えていなかったみたいで、まずは2か月ほどの短期夏季音楽祭に参加してみて気に入ったら、その学校に出願してみるのはどう?といった考えだったらしいです。先生自身も子供の時に、そこのサマーキャンプに参加したことがあり、すごくいい経験だったので私にも勧めたいと。


あれ、コンサートの時に言ってくれたアメリカで音楽と英語を勉強するって長期留学の提案じゃなくて夏季合宿に参加する勧めだったの?


英語もままならない私は、てっきり勘違いをしていたということになるのです。


勘違いしたことに気付いたものの、もう一度決めたからには遅い!短期で行くだけじゃつまらない!なんなら正式に入学して、長期留学をするのだ!


その思いを先生に言ったら、


いきなり正式に受験して長期留学をしたいの?!


と目をまんまるにしてびっくり。

家族にも早速相談。はじめは、もちろん反対。


”高校から行かなくても、大学から短期留学みたいな形はいっぱいある”

”何しろ、うちにはお金がないから合格したとしてもいけないよ。だから記念受験ね、受かっても誉れだけだよ、いいね?”


という話でした。


だって、学校のパンフレットを読み進めていき、一番まず最初に目が行くところはお金。そう授業料。


全寮制の芸術高校ということですから、生活費や食費、授業料をすべて入れて一年間で何と・・・500万円近くはざっとかかる!!


一般家庭、5人兄弟のもとで育った私には、”そんなの無理だよ!”と言い放つ姿も無理はありません。ほぼ不可能な選択肢だったのです。


家族に反対されても、せっかく誘われてこういう話になったのだから受けるだけは受けてみよう。記念受験だったら、誰にだってできる。日本の高校を受験するのと同時にアメリカの方もやってみようじゃないか。


長期留学の提案は、私の単なる勘違いから始まったものですが、もう決心したことなので遅い!


とにかく挑戦してみよう、と決めた頃にはもう中3の秋になっていました。

0コメント

  • 1000 / 1000

みさきのLA音楽留学日記

16歳で奨学金を給付され、アメリカに単身音楽留学。インターロッケン、リン音楽院を得て、現在南カリフォルニア大学ソーントン音楽学校にて、ダニエル・ポラック教授のもとピアノ演奏科修士課程在学中。TABIPPO/PAS-POL夏の絶景ポストカード全国LOFT、東急ハンズ、ヴィレッジ・ヴァンガードにて発売中。Getty Imagesフォトグラファー